Works

作ったプログラムの情報など。


Python

・kpoint_plus

Machikaneyama(AkaiKKR)でspc計算をして得られるoutputにk点の道のりの情報が書かれていない時、これを書き加える。

ver.1.0(2015.1.12)どの経路を何分割で通るのか、プログラムに書き込む必要がある。
ver.1.1(2015.1.21)outputからk点の情報を読み込み、自動で道のりを計算する。

・supercellPOSCAR

スーパーセル法のために用いる。VASPの"POSCAR"(input fileの1つで、原子の位置を指定する)を読み込み、スーパーセルを作る。

ver.1.0(2015.1.20)基本並進ベクトルは変更されない。
ver.1.1(2015.11.5)基本並進ベクトルが変更される。各方向に何倍するかを引数で指定する。

・dosmaker

Machikaneyama(AkaiKKR)のdosのデータをcomponentごとに分けてファイルに書き出す。

ver.1.0(2015.2.18)磁性体(magtyp=mag)には対応していない。
ver.1.1(2015.3.21)混晶を扱う時のための不純物濃度表記のON/OFFを切り替えるスイッチ"imp_switch"を追加。
ver.1.2(2015.6.18)3種類以上の元素でのCPA計算に対応していなかったのを修正。

・band-alignment

いくつかの物質の価電子帯上端と伝導帯下端を比較する図を作る。

ver.1.0(2015.2.18)2つの物質の比較にのみ対応。

・k_maker.py

Machikaneyama(AkaiKKR)のinput file用のk点を"k.txt"に書き出す。

ver.1.0(2015.2.25)
ver.1.1(2015.6.24)ブラベ格子の種類とk点のpathの分割数を出力ファイル名に記載するようにした。
ver.2.0(2016.1.18)名称変更(k-maker→k_maker.py)。brvtypやkpoint_meshを引数で受け取る。また外部からの呼び出しにも対応。brvtypはscとstのみ対応。

・kkr2VASP

Machikaneyama(AkaiKKR)のinput fileをVASPのPOSCARに変換する。原子番号の変換に"periodic_table.txt"を用いる。出力先は"prePOSCAR"。

ver.1.0(2015.2.27)KKRCPASIC用。brvtypはstのみ対応。atmicxは基本並進ベクトル表示非対応。

・DOSplot

dosmakerで分けたDOSデータをプロットする。各原子ごとにグラフを作り、s,p,dを同時にプロットする。DOSデータのファイル名とグラフのタイトルのリスト"list.txt"が必要。
"list.txt"ではx軸の範囲なども指定できる。

ver.1.0(2015.3.16)y軸の範囲はプログラム内で調整。
ver.1.1(2015.6.23)list.txtが無い場合、作成して終了。list.txtの様式を変更した。y軸の範囲をlist.txtで調整できる。

・separateDOS

VASPのDOSCARデータをプロットする。totalDOSおよび任意の原子のpartialDOSのグラフを作り、s,p,dを同時にプロットする。partialDOSのプロットには「プロットしたい原子がPOSCARの上から何番目にあるか」と「原子名」のリスト"setting.txt"が必要。

ver.1.0(2015.5.11)y軸の範囲はプログラム内で調整。
[p、d軌道を正しくplotできていなかった]
ver.1.1(2015.6.8)p、d軌道が間違っていたのを修正。

・kpoint-remover

Machikaneyama(AkaiKKR)でspc計算をして得られるoutputのk点の道のりを消して、自然数に置き換える。(spectrumKKRでバンド図を描くために必要)

ver.1.0(2015.5.29)

・spectrumKKR

AkaiKKRのバンド図をプロットする。設定ファイルはsetspec.txt。設定ファイルが無ければ生成する。

ver.1.0(2015.6.2)
ver.1.1(2015.6.13)ymin,ymaxを自動で取得。setspec.txtで指定することもできる。

・eigenVASP

VASPのEIGENVALUEを読み込んでバンド図をプロットする。DOSCARがあれば価電子帯TOPを0に合わせる。KPOINTSがあり、Line-Modeで書かれており、なおかつコメントにk点の情報があれば、k点名をx軸に書く。

ver.1.0(2015.6.2)

・spi-bi

(free energy)-(不純物の割合)グラフのspinodal lineとbinodal lineを探し、プロットする。

ver.1.0(2015.6.6)(S-b.f90に比べて)精度が大幅に改善された。
ver.1.1(2015.7.2)calc.confが無かったら作成する。
[6次以外に対応していなかった]
ver.1.2(2015.9.4)6次以外の次数でのフィッティングに対応していなかったので修正。

・multiplot

dosmakerで分けたDOSデータをプロットし、total DOSと各partial DOSを1つの画像として出力する。設定ファイルはsetmulti.txt。バンド図も合わせてプロットすることもできる。

ver.1.0(2015.6.30)"バンド図なし"かつ"KKRのDOS"のパターンのみ対応。
ver.1.1(2015.7.6)グラフのx軸の小さい目盛りを追加。プロットにかかった時間を表示。

・inputmaker

AkaiKKRのinput fileを作成する。設定ファイルはsetinput.txt。

ver.1.0(2015.7.9)開発中止。
ver.2.0(2015.9.2)input file自体を利用する方向で開発。

・cohp-dos

DOSとCOHPの比較のための図をかく。設定ファイルはset_cohp-dos.txt。

ver.1.0(2015.12.5)ymax_dosとymax_cohpは指定できない。

・VASP2kkr

VASPのPOSCARからAkaiKKRのinputを作る。計算のための変数はset_V2k.txtに書く。元素名から原子番号の変換にperiodic_table.txtを用いる。k点のpathを書くのにk_maker.pyを用いる。

ver.1.0(2015.1.15)




Fortran

・S-b.f90

(free energy)-(不純物の割合)グラフのspinodal lineとbinodal lineを探す。

ver.1.0(2015.2.8)binodal lineの精度は悪い。
(2015.6.6)spi-bi(python)に移行