ウイイレ2011 ビカムアレジェンド DFポジション獲得

SW適性を得た後に、CB適性を得た。

SW適性を得るまで、
 試合数 53(2年目の10月あたり)
 出場時間 4665分

CB適性を得るまで、
 試合数 68[通算121](3年目の1月あたり)
 出場時間 6057分[通算10722分]

出場時間のうち幾らかは別ポジションでプレーしたので、本当に必要な時間はもう少し短いのかもしれない。

SW(スイーパー)適性獲得まで

所属チーム:QPR
1stポジション:DMF
(2nd、3rdポジションは選択せず)

エディットでフォーメーションを5-2-3に変更した。
 前線:LWG、FW、RWG
 中盤:OMF、OMF
守備陣:LSB、CB、SW、CB、RSB

こうするとSWで出場できる。あとは1シーズンと少し、試合に出続けるだけである。
たまにOMFやWG、FWで起用されることもある(他選手の途中交代に伴うポジション変更が主)。

チート使用による影響

さっさとポジションを獲得したかったので、チートを使ってオフェンスと攻撃性以外の値を99にした。
真面目に1から育てる場合は途中出場が増えることが予想され、ポジション獲得までの試合数は増えると考えられる。
出場時間はさほど変わらないのではないだろうか。

CB(センターバック)適性獲得まで

5-3-2のSWをCBに変更すると、3箇所のCBのうちどこかで起用される。
2年目が終了し、QPR生活に飽きたのでマルセイユに移籍した。
4-3-3は崩さず、中盤のOMF、CMF、DMFを全員OMFに変えた。
 前線:LWG、FW、RWG
 中盤:OMF、OMF、OMF
守備陣:LSB、CB、CB、RSB

これで基本的にCBで出場できる。
たまにOMF、ごく稀にSBでフル出場することがある。QPR時代よりCB以外での出場が少し増えた気がする。
QPR時代よりもオフェンスと攻撃性が上がったからだろうか。

まとめ

ポジション獲得に必要だった試合数を比較すると
 SW: 53
 CB: 68
と、CBの方が15試合多い。
おそらくOMF等別のポジションでの出場が増えた分だと思う。
CB以外での出場数をカウントしておけばよかった。

CBポジション獲得後、中盤のフォーメーションをデフォルト(DMF、CMF、OMF)に戻した。
案の定DMFでしか使われない。

ちなみにSB(サイドバック)は…

1stポジション:WB 2ndポジション以降:なし
として、WBを採用しない(SBを採用する)チームに入ればSBとして起用される。簡単。

適性がWBだけの状態で、DFを全員CBにしたらどうなるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください