リコーダーでジャズを演奏する人

リコーダーでジャズを演奏する。

こんなことを考える人はそうおらんやろーと思い、1年前に練習し始めました。
しかし、世界は広いですね。ネットで「リコーダー ジャズ」で検索すれば、リコーダーでジャズを演奏する人が次々見つかります。
今回はそのうちの数人を紹介したいと思います。

世界のジャズリコーダー奏者

Mits Márton

Recorder : Mits Márton
Bass : Kovács Gergö

私がリコーダーを始めるきっかけになった演奏です。
Mits Mártonさんはサックスが本職のようで、Mits Jazz Bandなどで活動されているハンガリーの方だそうです。
Kovács Gergöさんもハンガリーのベーシストのようです。
1年前の私は、
「リコーダーとベースのデュオもありやな!俺もやろ!」
と無謀にも思ってしまいました(本当に実現させましたが)。
テーマ2周目のGペダルが新鮮ですね。

Benoît Sauvé

webサイト:http://www.benoitsauve.net/index_eng.php

フランスのリコーダー奏者。
独学でリコーダーを学んだそうです。8歳のときにリコーダーを練習し始め、最初はロックとケルト音楽に強く惹かれていたとのこと。
10代の時にジャズを知り、取り憑かれたようにジャズを勉強したくなったそうです。

ジャズの有名な曲のソロを完コピしてみたシリーズ()がYouTubeにアップされており、それでBenoîtさんを知ったという方もいらっしゃるのでは。
動画をよく見ると、リコーダーを持つ手の位置が通常と逆になっています。左利き用リコーダーを使っていらっしゃるそうです。
上で紹介した「Donna Lee」の他に「Some Skunk Funk」「Blue Train」「Third Wind」「Have You Heard」のソロをコピーされています。
マイクの取り付け方教えてくれ。
ちなみにSome Skunk Funkは “Brecker Brothers Live In Barcelona” のテイクですね。こちらもYouTubeにあります。
残りの3曲もYouTubeにありそうですね。あるのでは。絶対あるでしょう。

完コピ動画ばかり注目されていそうですが、Benoîtさんのwebサイトに行けばご自身のアレンジを聞くことができます。
あくまでサンプルということで、Full versionを聞けるのは一部だけです。
ジャズに関しては、LATIN JAZZという括りでDonna Lee、Giant Steps、Retratoの音源が公開されています。隙のない上手さを感じる…。
ケルト音楽など、他のジャンルのサンプルも合わせると13曲もあります。
なんとBenoîtさん、サンプル音源のうち大半をプラスチック製リコーダーで演奏されているそうです。
プラスチックだからって馬鹿にしてはいけません。まあプラでもピンキリあるんですけどね。

Tali Rubinstein

webサイト:http://www.talirubinstein.com/

ニューヨークに拠点を置くイスラエル出身のリコーダー奏者。歌も歌い、作曲もするそうです。
クラシック出身で、ジャズ・ポップ・R&Bを探求中。
リコーダーで新たな世界を切り開こうとしていらっしゃるみたいですね。ありがたい。
(一応webサイトに載っている英語の原文をチェックして下さい。勘違いがあるといけないので。)

TaliさんはYouTubeにたくさん動画をアップされています。
Taliさんオリジナル、ジャズスタンダードのアレンジ、完コピしてみた動画()などなど。
上で紹介したのはジャズスタンダードアレンジです。On Green Dolphin StreetをE♭ではなくCのキーで演奏されています。
どこが頭なのか掴みにくいイントロに出てくるリフはテーマに入っても続き、テーマ終わりにも再登場。楽しい。

他には、John Coltraneの26-2をベースとのデュオで演奏している動画があります(アップロード者は別)。…俺も練習しよ。
あと、It Could Happen To YouのJohn Coltraneソロ完コピ動画に
“Call me for gigs, I need money” “Seriously”
という字幕が出てきます。厳しい世界ですね。

本田雅人(ジャズではないけれど)

日本のサックス奏者。でいいんですよね…EWI、クラリネット、フルート、トランペット、トロンボーン、ギター(、歌)、なんでもやってしまう人です。
リコーダーも例外ではなく、自由に扱ってしまいます。

上で紹介した動画では、本田さんオリジナルの曲のメドレーをリコーダーで演奏されています。
4種類のリコーダー(ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナー)を自在に持ち替え、どれを吹いても上手い。何者やねん。
私はこの動画を見て、リコーダーでベンドをかけられることに気付きました。

最後に

ほぼジャズ限定で紹介しましたが、他のジャンルのリコーダー演奏動画も山ほどあると思います。
あなたも「リコーダー ○○」で検索してみてはいかがでしょうか。新しい世界に出会えるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください