相分離した物質の自由エネルギー

物質Aと物質Bが(1-x_0):x_0で混ざった物質量n{\rm A}_{1-x_0}{\rm B}_{x_0}という物質を考える。この物質が相分離を起こし、Bの少ない相{\rm A}_{1-x_1}{\rm B}_{x_1}とBの多い相{\rm A}_{1-x_2}{\rm B}_{x_2}に分かれた(x_1<x_0<x_2)。物質量nA_{1-x}B_xが持つ自由エネルギーは、Bの濃度の関数F(x)で与えられるとする。このとき、系全体の自由エネルギーF_{\rm total}F(x_1),F(x_2)を用いてどのように書けるだろうか。
自由エネルギーのグラフ

“相分離した物質の自由エネルギー” の続きを読む